ローンは賢く活用すべし

大口ローンとは

大口ローンとは、総借り入れ金額が高額なものをいいます。

 

金融機関によって認識は異なりますが、個人の特に使用用途が限定されていないものについては100万円を超えれば大口ローンと思っておいた方がいいでしょう。

 

住宅ローンの場合は、数千万単位が普通ですから、全部大口ローンといってもいいかもしれません。

 

事業融資などの場合は、全てが大口ローンともいえそうですが、公的機関の創業資金融資などは、1500万円程度が限度額がおおいので、数千万程度では、大口ではないかもしれません。

 

事業ローンの場合は、設備投資資金などは、数億円のものもありますので、億単位の場合に大口ローンといえるかもしれません。

 

なんにしても明確な金額の基準があって、大口ローンという言葉がつかわれているわけではありません。

 

数万から数十万単位を越えると個人に対する、使用目的の毛体がない融資は大口ローンといえると思います。

 

大口ローンは、金額や目的によって担保や連帯保証人が必要になる場合があります。

 

目安としては、300万円以内であれば無担保で保証人不要というケースが多いようです。

 

但し、公的金融期間の事業ローンの場合は、個人事業主の場合は、不要、会社の場合は、代表者を保証人としている場合が殆どですので、1千万円以上でも、保証人無しの融資もあります。

 

目的や金額などによって、保証人の有無がちがいますし、その必要書類も違ってきます。

 

大口ローンを組む際には、複数の金融機関でまず相談をするのがいいでしょう。

 

金利などの条件が異なりますから、それを踏まえて大口ローンを検討しましょう。

 

住宅ローンの場合などは、住宅ローン事前審査が受けられますので、簡易な審査で、とりあえず本審査の前に、自分がどのていどのローンを組めるのか調べる事ができます。

大口ローンと担保

大口ローンの場合、担保が必要になることは珍しくありません。

 

担保はおおむね、借り入れ金額と同程度のものか、それ以上の金額のものとなります。

 

大口ローンは、借り入れの金額が大きいため、何らかの理由で返済が不可能になったときは、金融機関に大きな損害が出てしまいます。

 

それを防ぐために、担保という「保険」をかけておくのです。

 

大口ローンの担保となりえるのは、有価証券などの動産や、土地家屋などの不動産などです。

 

大抵は大きな値動きのない不動産が、担保物件として指定されます。

 

ただし、信販会社などの大口ローンでは、300万円までは無担保というところもあるようです。

 

住宅ローンの場合などは、購入物件に抵当権などをつけて担保とすることになります。

 

事業ローンの場合は、無担保融資の場合もおおく、別途信用保証協会団体がつくられていて、保証料かかかりますが、保証協会が担保のような役割を果たしています。

大口ローンは一本化するのがいい

100万円単位の大口ローンが、あちこちの金融機関に散らばっていることはないでしょうか。

 

金額によっては、これらの大口ローンを一つにまとめることが可能です。

 

返済の場所が複数になると、当然、それぞれの金融機関に利息を払うことになります。

 

大口ローンは利息も大きいので、複数に散らばっていることで余計な利息を払っている場合が多いといえます。

 

大口ローンを一本化してかんごしさんの反すると、月々の返済金額も分かりやすくなります。また、支払い利息の節約にもなります。

 

個人のローンだけでな色々なローンも比較検討して乗り換えるべきで、住宅ローンや事業資金の借換えも同じことがいえますし、

 

消費者金融のカードローンなども、金利の低い銀行のカードローンに借り換えた方が有利です。

 

ローンの一本化は、金融機関や自治体の無料相談などで相談にのってくれます。

 

東京スター銀行などがローン一本化、まとめローンなどの宣伝をしています。

 

銀行系や大手の金融会社であれば、ローンの一本化も安心してできると思います。

 

あまり聞いたことのないような、金融業者には注意しましょう。

 

あまり聞かない名前の会社でも、銀行系やクレジット会社が系列の会社としているところもありますので、その会社のバックラインを知ることもローンを組む際には必要でしょう。

 

借り換えカードローンおすすめ情報が役立つでしょう。

 

とくにリボ払いの借換えについては、困っている方に役立つと思います。